平和文化
平和文化 〒113-0033 東京都文京区本郷2-23-3
TEL.03-3812-8618 FAX.03-3812-7105
TOP-修学旅行・フィールドワークインデックスページへ購入案内ページへ出版リストページへ平和・国際教育研究会ページへリンクページへ
学び・調べ・考えよう  修学旅行ハンドブック [沖縄] [広島] [長崎] [東京] [北海道] [韓国] [京都] [中国]
学び・調べ・考えよう  フィールドワーク [第五福竜丸展示館] [日本軍「慰安婦」] [松代大本営] [陸軍登戸研究所]
 [日吉・帝国海軍大地下壕] [浅川地下壕] [靖国神社・遊就館] [花岡事件] [群馬の戦争遺跡] [東京大空襲]

内容紹介

表紙写真

学び・調べ・考えよう
フィールドワーク 松代大本営


松代大本営の保存をすすめる会
ISBN978-4-89488-016-0
定価本体600円+税
   
編者のことば

 戦争遺跡とは、「近代日本の侵略戦争とその遂行過程で、戦闘や事件の加害・被害・反戦抵抗にかかわって国内国外で形成され、かつ現在に残された構造物、遺構や跡地」のことです。
 長野県の松代大本営地下壕群は、アジア太平洋戦争期の国内戦争遺跡のなかでも超一級の史跡といわれています。総延長10キロメートルあまりという地下壕の規模もさることながら、構築された目的や工事内容、政治・軍事上の意味など、歴史的な観点からも重要な意味をもっています。
 私たちは、地下壕での実体験(「暗闇体験」)をはじめとする松代大本営学習(「マツシロ学習」)を通して、戦争の実相を学び、平和への誓いを新たにすることを積み重ねてきました。すでに100万人をこえる人びとが見学に訪れ、マツシロを学びました。
 本書は、松代大本営をフィールドワークする中・高校生、そして大学生や市民のみなさんのガイドブックとして編集しました。松代大本営のガイドはもちろん、長野県、特に松代の歴史・自然・風土、さらに周辺の史跡についても解説しました。修学旅行・遠足・ゼミ旅行、そして総合的な学習の時間など、「調べ学習」におおいに役立ててください。
 本書を片手に、松代大本営について学び、調べ、考える旅に出発しましょう。そして、マツシロが問いかける歴史と、マツシロが発信する平和のメッセージに耳をすませてください。


もくじ(概略)

第1章松代大本営のある街・NAGANO

1. 長野県の自然とくらし
2. 長野県のあゆみ
3. 長野市松代の歴史と大本営

第2章松代大本営について学ぼう

1. 知っておきたい松代大本営のアウトライン---大本営とは?/大本営移転計画の背景/なぜ大本営を松代に
2. 松代大本営の建設---建設構想と工事の概要/第1期「マ(10・4)工事」はじまる/危険な工事
3. 酷使された朝鮮人労働者---朝鮮人強制連行・強制労働/非人間的な飯場生活
4. 国民の犠牲と「国体護持」---「天皇の命令により……」/「三種の神器」と賢所/「国体護持」に固執した昭和天皇と戦争指導層
5. 戦後の松代大本営と国の史跡指定
6. 松代大本営の保存運動と高校生

・コラム「人道の理念と国際人道法」


第3章松代の地下壕を歩いてみよう

1. 象山地下壕---象山地下壕の構造/過酷な労働を伝える地下壕内部/松代大本営工事犠牲者の追悼
2. 舞鶴山地下壕---大本営地下壕跡/天皇仮「御座所」跡/天皇「御座所」跡/天皇地下「御座所」跡/賢所/西条の朝鮮人慰安所

・コラム「ハングル文字の落書き」

3. 皆神山地下壕
4. 大本営の関連施設---須坂臥竜山(地下弾薬庫)/鎌田山地下壕跡(政府機関の通信施設)/十三崖地下壕跡(地下弾薬庫)/海軍地下壕跡/長野飛行場と長野空襲/上田飛行場と塩田平の地下航空機工場

・コラム「沖縄戦と松代大本営」


第4章松代大本営と結ぶ
松代大本営見学とセットで平和ツアーを企画しよう

北信平和ツアー---製糸の町・須坂/小布施と北斎/野尻湖とナウマンゾウ
中信平和ツアー---陸軍松本歩兵第五十連隊跡地/零式戦闘機の地下工場跡/安曇野ちひろ美術館/御岳・上松発電所と平岡ダム
東信平和ツアー---「戦没画学生慰霊美術館 無言館」

・コラム「『山宣』と治安維持法」
訪ねてみたいミュージアム


松代大本営から学んだことをさらに発展させよう
参考・学習文献一覧


上へ
ハンドブック [沖縄] [広島] [長崎] [東京] [北海道] [韓国] [京都] [中国] 
フィールドワーク [第五福竜丸展示館] [日本軍「慰安婦」] [松代大本営] [陸軍登戸研究所]
 [日吉・帝国海軍大地下壕] [浅川地下壕] [靖国神社・遊就館] [花岡事件] [群馬の戦争遺跡] [東京大空襲]

| TOP - 修学旅行・フィールドワーク | 出版リスト | 平和・国際教育研究会 | リンク |
copyright(c)Heiwabunka.co,.ltd.Allright Reserved.