平和文化
平和文化 〒113-0033 東京都文京区本郷2-23-3
TEL.03-3812-8618 FAX.03-3812-7105
TOP-修学旅行・フィールドワークインデックスページへ購入案内ページへ出版リストページへ平和・国際教育研究会ページへリンクページへ
学び・調べ・考えよう  修学旅行ハンドブック [沖縄] [広島] [長崎] [東京] [北海道] [韓国] [京都] [中国]
学び・調べ・考えよう  フィールドワーク [第五福竜丸展示館] [日本軍「慰安婦」] [松代大本営] [陸軍登戸研究所]
 [日吉・帝国海軍大地下壕] [浅川地下壕] [靖国神社・遊就館] [花岡事件] [群馬の戦争遺跡] [東京大空襲]

内容紹介

群馬の戦争遺跡

学び・調べ・考えよう
フィールドワーク 群馬の戦争遺跡タイトル


第10回戦争遺跡保存全国シンポジウム群馬県実行委員会
ISBN978-4-89488-037-5
定価本体600円+税
   
編者のことば

 2006年8月19日〜21日、群馬県みなかみ町において第10回戦争遺跡保存全国シンポジウムが開催されました。「戦争の記憶」を刻印した、全国各地の戦争遺跡や海外に残る日本の戦争遺跡を、このシンポジウムをとおして重要な遺跡として認知していきましょう、とよびかけ実施されたものです。
 開催にあたり地元で実行委員会を組織しました。全国運営委員をしている菊池と、群馬県高校教育研究所や群馬県歴史教育者協議会所属の先生方、さらに「トンネルの会」や「月夜野戦跡文化財を守る会」などの保存団体のみなさんが参加し、大会の成功にむけて準備をしました。
 シンポジウムでは、アジア・太平洋の戦争遺跡と21世紀の平和を考えるとして、中国・韓国・マレーシアからも発表者を迎えました。2日目は3つの分科会に分かれて全国各地の戦争遺跡調査や保存のとりくみなどの発表があり、最終日は県内のフィールドワークでした。旧月夜野町の地下工場跡見学にはじまり、如意寺の中国人慰霊碑、特殊演習場跡(これは車窓から見学)、最後は高崎市の県立公園「群馬の森」に残る陸軍岩鼻火薬製造所跡を見ました。3日間の大会は、全国各地や海外からの参加者もあり、成功裏に終了しました。
 その後、実行委員を中心に、この機会に県内の戦争遺跡をブックレットにまとめようという声があがりました。
 そこで県内を北毛・西毛・東毛・中毛の4地区にわけ、それぞれの地区の代表的な戦争遺跡を紹介することになりました。
 結果として、北毛地区6カ所、西毛地区4カ所、東毛地区9カ所、中毛地区2カ所となりました。もちろん、これらが群馬県内に残る戦争遺跡のすべてではありません。まだまだ埋もれている遺跡は数多いと思います。あらたな遺跡の掘り起こしのために、これからも調査研究活動は不可欠です。
 さらに本書には、地元紙『上毛新聞』に連載用として準備した「戦争遺跡が語る近代群馬」の原稿を再構成して「第T章 群馬の戦争遺跡を考えるために」を収録しました。郷土部隊であった歩兵第15連隊の歴史を考えることは、遺跡の背景を理解するうえで欠かすことはできません。さらに戦争責任の問題も避けてはとおれません。
 近代日本の戦争は、戊辰戦争から1877(明治10)年の西南戦争にいたる間を除くと、その戦場はすべて中国をはじめとする他国の領土での戦争でした。1944(昭和19)年6月のB29による日本本土初空襲が行われて、はじめて国内も本格的な戦場となったのです。したがって、調査研究の対象地域は、国内の戦争遺跡だけではなくて、朝鮮半島、中国大陸、東南アジア、南太平洋地域、すなわちアジア・太平洋全域に残されている遺跡までも考えていかなければなりません。ここまで視野を広げなければ、近代日本の戦争の実相を把握することはできないのです。このとりくみは今後の大きな課題です。
 第10回戦争遺跡保存全国シンポジウムが群馬県で開催されたことをきっかけとして、県内の戦争遺跡に目をむけ、さらに将来にわたる調査研究と保存活用のとりくみを考えていきたいと思い、本書は作成されています。地域に残された戦争遺跡は、地域の近代史を、あるいは日本の近代史を考えるためには欠くことのできない遺跡だからです。
 そして、ひとりでも多くの方が本書を手にされ、戦争遺跡をとおして「戦争と平和」の問題をあらためて考えていただければ幸いです。
(菊池 実)


もくじ(概略)

第1章群馬の戦争遺跡を考えるために

1. いま、なぜ「戦争遺跡」か
2. 陸軍の地方拠点−高崎第15連隊
3. 日露激戦の地・旅順要塞と高崎連隊
4. 南京城占領−雨花門から突入した高崎第115連隊
5. 裁かれたビルマ戦線の高崎連隊
6. 憲兵だった父の謝罪碑

第2章北毛地区の戦争遺跡

1. 岩本発電所導水路工事と如意寺
2. 中島飛行機の地下工場跡と中国人強制連行・強制労働損害賠償請求事件
3. 国内3カ所に分散された陸軍火薬製造所の地下工場跡
4. 国内初の毒ガス専用演習場(陸軍特殊演習場)跡 
5. 陸軍相馬ヶ原演習場跡
6. 長野原町の防空監視哨

第3章西毛地区の戦争遺跡

1. 県立公園「群馬の森」に残る陸軍岩鼻火薬製造所跡
2. 高崎第15連隊の兵営跡と陸軍墓地

・コラム「発掘された兵営跡」

3. 富岡に疎開した「陸軍中野学校」
4. 発掘調査された陸軍前橋飛行場跡

・コラム「血書の手紙と血染めの鉢巻き」


第4章東毛地区の戦争遺跡

1. 中島飛行機太田製作所と小泉製作所
2. 中島飛行機太田製作所の薮塚地下工場跡
3. 東毛地区の軍用飛行場跡
4. みどり市の防空監視哨

・コラム「太田市に残る珍しい碑」


第5章中毛地区の戦争遺跡
人類の死滅を警告した「ラッセル・アインシュタイン宣言

1. 前橋空襲−「被害の戦争遺跡」
2. 敗戦前夜の伊勢崎・玉村空襲

・コラム「牛頭観世音塔」


おわりに−戦争を知らない世代へ

参考文献一覧

上へ
ハンドブック [沖縄] [広島] [長崎] [東京] [北海道] [韓国] [京都] [中国] 
フィールドワーク [第五福竜丸展示館] [日本軍「慰安婦」] [松代大本営] [陸軍登戸研究所]
 [日吉・帝国海軍大地下壕] [浅川地下壕] [靖国神社・遊就館] [花岡事件] [群馬の戦争遺跡] [東京大空襲]

| TOP - 修学旅行・フィールドワーク | 出版リスト | 平和・国際教育研究会 | リンク |
copyright(c)Heiwabunka.co,.ltd.Allright Reserved.