平和文化
平和文化 〒113-0033 東京都文京区本郷2-23-3
TEL.03-3812-8618 FAX.03-3812-7105
TOP-修学旅行・フィールドワークインデックスページへ購入案内ページへ出版リストページへ平和・国際教育研究会ページへリンクページへ
学び・調べ・考えよう  修学旅行ハンドブック [沖縄] [広島] [長崎] [東京] [北海道] [韓国] [京都] [中国]
学び・調べ・考えよう  フィールドワーク [第五福竜丸展示館] [日本軍「慰安婦」] [松代大本営] [陸軍登戸研究所]
 [日吉・帝国海軍大地下壕] [浅川地下壕] [靖国神社・遊就館] [花岡事件] [群馬の戦争遺跡] [東京大空襲] 

内容紹介

東京大空襲

学び・調べ・考えよう
フィールドワーク 東京大空襲


[編] 東京大空襲・戦災資料センター
ISBN978-4-89488-057-3
定価本体600円+税
   
編者のことば

 戦後生まれの人たちが、この国の人口の8割を占めるという。その昔、「戦争を知らない子どもたち」という歌がヒットしたが、今や子どもだけではなくて、その親たち、教師たちもで、最大多数の人たちの共通の願いは、揺るぎなしの平和にちがいない。
 では、平和のために何ができるか、である。誰にでもすぐできる第一歩は、学ぶことだ。ひとりから始めて身近な人に声をかけ、学びながら歩けば、平和の仲間を増やすことにもなる。平和は向こうから勝手に歩いてきてはくれない。
平和を願う人たちが、手を伸ばしてつかみとるもの、と考えたい。
 そのためのサポート役たる本書は、民立民営の「東京大空襲・戦災資料センター」を軸にして、センタースタッフと関係者が、最新の研究成果を元にまとめた。一夜にして10万人もの都民の生命が絶たれた「炎の夜」など、100回余におよぶ東京空襲にいたる戦争の経過から、被害実態をわかりやすく解明。さらにそれらの戦禍を現在にとどめる数多くのモニュメントなどを、東京全域にまで足を伸ばして紹介する。本書を手にして学びながら歩けば、想像力もより深まることだろう。
 過去の戦争で、民間人はどのような犠牲を強いられたのかを知り、学ぶことが、きっと明日の平和の力と結びあう。そして、戦争への道への暴走に、いささかの歯止めになるものと、信じて疑わない。
(館長 早乙女勝元)


もくじ(概略)

第1章東京大空襲・戦災資料センターで学ぼう

1. 日本の侵略戦争と戦時下の国民生活…第一次世界大戦と空襲/日中戦争からアジア・太平洋戦争へ/
戦争と国民生活/空襲と防空対策/戦争と子どもたち
2.

東京空襲について学ぼう…日本空襲のはじまり/3期にわたる日本空襲とそのねらい/初期の東京空襲/3月10日の東京大空襲(下町空襲)/4〜5月の東京空襲/八王子空襲/空襲被害への対処

コラム/東京大空襲と朝鮮人の被害
コラム/東京空襲を描いた体験画
3. 戦争をくり返さないために…空襲を記録する運動/民間人被災者の国家補償要求のたたかい

第2章東京空襲を歩いてみよう

1. 東京大空襲(下町空襲)を歩く…東京大空襲・戦災資料センターから東陽町駅周辺/清澄白河駅から森下駅
周辺/門前仲町駅周辺/亀戸駅周辺/両国駅から錦糸町駅周辺/東京スカイツリー周辺/浅草・上野周辺
2. 城南・山手空襲を歩く…城南空襲/山手空襲
3. 北部と都心部の空襲を歩く…北部の空襲/都心部の空襲
4. 多摩地域の空襲を歩く…戦時下の多摩/武蔵野・西東京地区の空襲/立川・東大和地区の空襲/八王子地区の空襲
コラム/「世界の子どもの平和像」はよびかける

上へ
ハンドブック [沖縄] [広島] [長崎] [東京] [北海道] [韓国] [京都] [中国] 
フィールドワーク [第五福竜丸展示館] [日本軍「慰安婦」] [松代大本営] [陸軍登戸研究所]
 [日吉・帝国海軍大地下壕] [浅川地下壕] [靖国神社・遊就館] [花岡事件] [群馬の戦争遺跡] [東京大空襲]

| TOP - 修学旅行・フィールドワーク | 出版リスト | 平和・国際教育研究会 | リンク |
copyright(c)Heiwabunka.co,.ltd.Allright Reserved.