平和文化
平和文化 〒113-0033 東京都文京区本郷2-23-3
TEL.03-3812-8618 FAX.03-3812-7105
TOP-修学旅行・フィールドワークインデックスページへ購入案内ページへ出版リストページへ平和・国際教育研究会ページへリンクページへ
学び・調べ・考えよう  修学旅行ハンドブック [沖縄] [広島] [長崎] [東京] [北海道] [韓国] [京都] [中国]
学び・調べ・考えよう  フィールドワーク [第五福竜丸展示館] [日本軍「慰安婦」] [松代大本営] [陸軍登戸研究所]
 [日吉・帝国海軍大地下壕] [浅川地下壕] [靖国神社・遊就館] [花岡事件] [群馬の戦争遺跡] [東京大空襲]

内容紹介

表紙写真

学び・調べ・考えよう
広島 修学旅行ハンドブック

監修森田俊男
平和・国際教育研究会
ISBN4-938585-77-4
定価本体600円+税

中身18、19ページ 中身22、23ページ

    

<ヒロシマのこころ>を学び、引き継ごう
 1945年8月6日、トルーマン米大統領の命令で原子爆弾は投下されました。広島、ついで長崎は人類最初の核戦場になりました。世界の戦争と平和の歴史は、新たな<核時代>、つまり、大国が核兵器(大量・無差別殺戮の兵器)の開発・配備によって他国に干渉、介入する時代、また、人道に反する兵器の恐怖の均衡と抑止を肯定する、政治道徳の退廃の時代に入ったのです。
 しかし、原爆の業火を浴び、生き延びた人びとは、「生キテ、コノ有リ様ヲ伝エルコト」を自分に与えられた使命と考え、「人類は戦争と戦争の合間にみじめな生を営む」ものであってはならない(原民喜)、と叫びはじめました。そしてこんにちまで、<ヒロシマのこころ---核兵器は絶対に許されない>は、ますます多くの日本人の胸に、世界の人びとの胸に刻み込まれてきました。いまではもう、<ヒロシマのこころ---人類の良心>が、核兵器の発射ボタンを握っている数人の大統領や元帥たちを幾重にも包囲しています。
 21世紀のより早い時期に、核兵器を廃絶させ、<核時代>を終わらせるという歴史的大事業が、若いあなたたちの参加を求めています。


もくじ(概略)

第1章1945年8月6日---広島で起こったこと
1945年の広島/1945年8月6日の御幸橋/残酷な原爆/「原爆症」/広島原爆の威力と被害
・コラム「原爆瓦をつくってみよう」

    

第2章爆心地を歩いてみよう

1. 碑めぐりガイド---<ヒロシマのこころ>を胸に刻むために
平和記念公園と周辺の碑めぐりマップ
原民喜詩碑/原爆犠牲ヒロシマの碑/広島平和都市記念碑/原爆の子の像/原爆供養塔/韓国人原爆犠牲者慰霊碑/嵐の中の母子像/原爆犠牲国民学校教師と子どもの碑28/峠三吉詩碑/全日本損害保険労働組合被爆20周年記念碑
2. 原爆遺跡ガイド---遺跡の前で「あの日」のことを想像してみよう
原爆遺跡・原爆碑所在マップ
原爆ドーム/元大正屋呉服店/本川小学校/元帝国銀行広島支店/袋町小学校/旧日本銀行広島支店/福屋百貨店/逓信病院旧外科病棟/大本営跡と師団司令部地下室跡/旧広島大学理学部1号館/広島電鉄の被爆電車

・コラム「広島平和記念資料館」
・コラム「原爆ドームの模型をつくってみよう」


第3章核廃絶のために
原爆投下は仕方がないか/被爆者のねがいを受け継ごう/核兵器の使用は国際法違反である/核軍拡競争と反核・平和運動の歴史/核兵器は廃絶できる/非核地帯の拡大を/若者こそ反核・平和のために


ヒロシマから学んだことをさらに発展させよう
資料/残虐兵器の使用を禁止する国際法と国連決議
参考・学習文献一覧


上へ
ハンドブック [沖縄] [広島] [長崎] [東京] [北海道] [韓国] [京都] [中国] 
フィールドワーク [第五福竜丸展示館] [日本軍「慰安婦」] [松代大本営] [陸軍登戸研究所]
 [日吉・帝国海軍大地下壕] [浅川地下壕] [靖国神社・遊就館] [花岡事件] [群馬の戦争遺跡] [東京大空襲]

| TOP - 修学旅行・フィールドワーク | 購入案内 | 出版リスト | 平和・国際教育研究会 | リンク |
copyright(c)Heiwabunka.co,.ltd.Allright Reserved.