平和文化
平和文化 〒113-0033 東京都文京区本郷2-23-3
TEL.03-3812-8618 FAX.03-3812-7105
TOP-修学旅行・フィールドワークインデックスページへ購入案内ページへ出版リストページへ平和・国際教育研究会ページへリンクページへ
学び・調べ・考えよう  修学旅行ハンドブック [沖縄] [広島] [長崎] [東京] [北海道] [韓国] [京都] [中国]
学び・調べ・考えよう  フィールドワーク [第五福竜丸展示館] [日本軍「慰安婦」] [松代大本営] [陸軍登戸研究所]
 [日吉・帝国海軍大地下壕] [浅川地下壕] [靖国神社・遊就館] [花岡事件] [群馬の戦争遺跡] [東京大空襲]

内容紹介

表紙写真

学び・調べ・考えよう
長崎 修学旅行ハンドブック

平和・国際教育研究会
ISBN4-89488-015-6
定価本体600円+税

中身20、21ページ 中身36、37ページ
編者のことば

 長崎の観光案内をひらくと、「異国情緒豊かな街」「祈りの長崎」などのことばが目に入ってきます。長崎は、江戸幕府の鎖国令のもとで、唯一の貿易港として発展した街です。そのため、市内には史跡がたくさんあります。なかでも浦上天主堂や大浦天主堂はキリスト教信徒たちの苦難の歴史を語りかけています。
 また、長崎は、広島についで原爆が投下された街です。平和公園にある平和祈念像や市内各地にある原爆遺跡は、核兵器の廃絶と平和への願いを訴えつづけています。
 「ノーモア・ヒロシマ」「ノーモア・ナガサキ」の叫びは世界の人びとの心に刻みこまれ、「核兵器廃絶」は国際世論になっています。
 しかし、世界にはなお約3万発の核弾頭が貯蔵され、核兵器保有国は、アメリカ・イギリス・フランス・ロシア・中国の5か国から、さらにインド・パキスタンにまで広がっています。
 しかも、アメリカは核実験を重ね、「使える核兵器」の開発にとりくんでいます。2002年2月、アメリカの科学者たちは、核戦争と人類の死滅を暗示する「核の時計」の針を4年ぶりに2分進め、「7分前」にしました。
 原爆の遺跡・遺構、モニュメントをたずね、7万人をこえる死者といまなお原爆症に苦しむ被爆者に思いをよせ、「核兵器も戦争もない21世紀」にむけて、私たちになにができるか、学び、調べ、考えあいましょう。


もくじ(概略)

第1章歩いて学ぶ長崎の歴史

1. 西方の窓「出島」から
2. 富国強兵と長崎
3. 原爆投下への道
4. 祈りの長崎
5. 長崎を最後の被爆地に

長崎市内の平和記念館案内/長崎市内の文化施設案内/長崎に関するHP


第2章長崎---1945年8月9日

1. 核分裂の発見と第二次世界大戦---「世界が厄介にむかってすすんでいる」/アメリカの原爆製造
2. 原爆はなぜ広島・長崎に投下されたか---ドイツの敗退と日本への原爆投下決定/原爆の使用に反対した科学者たち/目標都市の決定/ポツダム首脳会談と原爆の完成/ポツダム宣言を「黙殺」した日本政府/原爆投下とソ連の参戦
3. 1945年8月9日 午前11時2分---長崎への原爆投下/壊滅した長崎/キノコ雲の下で
4. 原爆の威力と被害---長崎型原爆と核爆発/原爆の威力と被害/原爆症/死亡者の数
5. 原水爆禁止・核兵器廃絶のために---ストックホルム・アピール/ビキニ事件と原水爆禁止運動/被爆者の訴え/被爆者援護法の制定を求めて/原爆症の認定を求めて/平和のために学び、調べ、表現し、社会参加する高校生たち

第3章爆心地を歩いてみよう

1. 爆心地公園と石段周辺のモニュメント---原爆投下中心地標柱/浦上天守堂の遺壁/外国人戦争犠牲者追悼核廃絶・人類不戦の碑/福田須磨子詩碑/平和を祈る子の像/長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼碑/建設労働者職人原爆殉難者慰霊・不戦平和之塔
2. 長崎原爆資料館と外庭周辺---ナガサキ誓いの火・灯火台/長崎平和の母子像/長崎原爆青年乙女の会碑/長崎原爆資料館/未来を生きる子ら「ふりそでの少女像」/原爆殉難教え子と教師の像
3. 「平和公園」願いのゾーン---長崎刑務所浦上刑務支所の遺構/平和の泉/平和祈念像/戦災復興記念碑・長崎の鐘
4. 城山小学校とその周辺---城山小学校の被爆校舎/嘉代子桜/被爆少年少女追悼
5. 山里小学校と如己堂---山里小学校/あの子らの碑/如己堂
6. 浦上天主堂---浦上天主堂
7. 旧長崎医科大学---旧長崎医科大学/山里・浜口町原爆殉難者慰霊碑
8. 山王神社と浦上駅周辺---被爆くすのき/片足鳥居/国鉄原爆死没者慰霊之碑/坂本町国際墓地と永井隆・緑夫妻の墓

第4章長崎の軍事産業と基地
軍事都市---長崎/佐世保の歴史といま/佐世保の米軍基地/「周辺事態法」と佐世保基地


第5章核兵器の禁止・廃絶への確信を---人道の理念とその国際法を学ぼう

1. 核兵器廃絶の「約束」を---核兵器廃絶の「約束」/核独占をねらうアメリカ
2. 戦争の方法・手段の制限・禁止---人類の良心・平和の思想/正戦論から無差別戦争観へ/近代市民革命とともに/戦争法規・人道法の発展へ/戦争違法化と人道法のさらなる発展
3. 国際司法裁判所「勧告的意見」---核兵器は人道に反する/核兵器の非人道性と違法性
むすび---国際刑事裁判所規程の成立へ

長崎で学んだことをさらに発展させよう
参考文献・学習資料一覧


上へ
ハンドブック [沖縄] [広島] [長崎] [東京] [北海道] [韓国] [京都] [中国] 
フィールドワーク [第五福竜丸展示館] [日本軍「慰安婦」] [松代大本営] [陸軍登戸研究所]
 [日吉・帝国海軍大地下壕] [浅川地下壕] [靖国神社・遊就館] [花岡事件] [群馬の戦争遺跡] [東京大空襲]

| TOP - 修学旅行・フィールドワーク | 購入案内 | 出版リスト | 平和・国際教育研究会 | リンク |
copyright(c)Heiwabunka.co,.ltd.Allright Reserved.